HOME湿地を探す>風蓮湖・春国岱

 

風蓮湖・春国岱ふうれんこ・しゅんくにたい

日本でもっとも冷涼な地域にある汽水湖

英語名 Furen-ko and Shunkuni-tai
登録日 2005年11月8日
面 積 6,139 ha
湿地のタイプ 汽水湖、藻場、干潟、砂州、低層湿原
所在地 北海道根室市、別海町
座 標 北緯43度17分、東経145度21分
標 高 1 m
国際登録基準 1、2、3、5、6
保護の制度 国指定風蓮湖鳥獣保護区風蓮湖特別保護地区

湿地の概要

春国岱は、根室半島の付け根に位置する長さ8km、最大幅1.3km、面積900haの砂嘴の断片の島です。周囲の水域には、干潟・海岸草原・塩性湿地・湿原・ラグーン・森林といった多様な環境が形成されています。
風蓮湖は、根室半島の付け根に位置する東西20 km、周囲65 km、面積58 k㎡の汽水性海跡湖で、南から延びる春国岱と北から延びる走古丹の2つの砂州によりオホーツク海と隔てられています。
風蓮湖・春国岱では渡り性水鳥を中心に約340種の鳥類が記録されており、オオワシ、オジロワシ、などの希少種も観察することができます。また、ホッキ、アサリなどの貝類や、コマイ、ワカサギなどの魚類など多くの水産資源にも恵まれ、貝類や魚類の漁が盛んに行われています。

湿地の四季

※写真をクリックすると大きくして見る事ができます。

  • 湿原で繁殖するタンチョウ

  • 草原・森林は夏鳥の繁殖地(写真:シマセンニュウ)

  • 塩性湿地を彩るアッケシソウ

  • オオワシの越冬数は日本最大級

湿地の特徴

渡り性水鳥の重要な中継地

浅海から森林までの多様な環境に多種の鳥類が生息、これまでに約340種の記録があります。渡り性水鳥はキアシシギ等シギ・チドリ類やオオハクチョウ、ヒシクイ、ヒドリガモ等カモ類が多数、中継地として利用します。オジロワシ、クマゲラ、タンチョウ等の絶滅危惧種の繁殖地でもあります。

漁業

風蓮湖はホッキ、アサリなどの貝類や、コマイ、ワカサギなどの魚類など多くの水産資源が生息し、漁が行われています。

賢明な利用

「根室ワイズユースの会」(代表 千葉 勝博)が、風蓮湖・春国岱を保全し、条約の基本原則であるワイズユース(賢明な利用)を実践するための必要な調査・自然保護活動を行っています。

おすすめ

みる

ネイチャーセンターからの景観

春国岱ネイチャーセンターからは四季折々に変化していく春国岱と根室湾の景色を楽しむことができます。干潮時には広い干潟が現れ、視界がよい時には根室湾の向こうに斜里岳から知床連山、国後島を望むことができます。夕景もすばらしく、夏の晴れた日には根室湾に沈んでゆく夕日が美しい。

情報提供:根室市

遊ぶ

春国岱とネイチャーセンター

春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターでは、パネル展示の他、様々なイベントを実施しています。

根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンター

情報提供:根室市

パンフレット

施設情報

108_009-1.jpg

根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンター

URL:https://www.marimo.or.jp/~nemu_nc/workn/

010.JPG

東梅野鳥観察舎(略称:東梅ハイド/根室市東梅218番地1)

関係市町村(会員市町村)

※50音順

根室市水産経済部農林課林務・自然保護担当

https://www.city.nemuro.hokkaido.jp/

別海町産業振興部商工観光課

http://betsukai.jp/

関連サイト

ラムサール条約に登録されている湿地及びその他の湿地の適正な管理に関し、 関係市町村間の情報交換及び協力を推進することによって、地域レベルの湿地保全活動を促進することを目的としています。
このホームページでは、会員市町村の最新情報、日本国内の条約湿地の概要、ラムサール条約に関する情報を発信しています 。

ラムサール条約登録湿地関係市町村会議