HOME湿地を探す>漫湖

 

漫湖まんこ

水鳥と湿地と人とをつなぐ漫湖は水鳥の国際空港&市民の憩いの場

英語名 Manko
登録日 1999年5月15日
面 積 58 ha
湿地のタイプ 河口干潟、マングローブ林
所在地 沖縄県那覇市・豊見城市
座 標 北緯26度11分、東経127度41分
標 高 -0.5 m
国際登録基準 2
保護の制度  国指定漫湖鳥獣保護区漫湖特別保護地区

湿地の概要

漫湖は、沖縄本島の南部、那覇市を流れる国場(こくば)川と豊見城(とみぐすく)市を流れる饒波(のは)川の合流地点に形成された河口干潟です。海から3 km上流の内陸にありますが、潮の干満差の影響を強く受け、干潮時には最大約47 haの泥質干潟が出現します。西岸部には小規模のヨシ原や、現在、保全事業として管理を行っている約11 haのマングローブ林が広がっています。
干潟には、汽水域特有の稚魚のほか、カニや貝、ゴカイの仲間といった「底生生物」が豊富です。水鳥にとって重要な飛来地でもあり、冬季には絶滅危惧種のクロツラヘラサギをはじめ、セイタカシギやアカアシシギなどのシギ・チドリ類が多く訪れます。都会の中の漫湖は、自然に囲まれた憩いの場として地域の人々に利用されています。

湿地の四季

※写真をクリックすると大きくして見る事ができます。

  • 春の到来とトントンミー(ミナミトビハゼ

  • オキナワハクセンシオマネキのウェービング

  • シギ・チドリ類の秋の渡り

  • 冬鳥たちの楽園(クロツラヘラサギ)

湿地の特徴

都市型湿地

漫湖は、那覇空港に近く、那覇の中心市街地に向かう途中のモノレール(右手、東側)からも一望することができ、また、空港へ向かうまでの少しの時間を利用して訪ねることもできます。また、漫湖水鳥・湿地センターでバードウォッチングや干潟木道散策などを楽しむことができます。

水鳥の宝庫

漫湖は水鳥たちの楽園とよばれるほど多くの水鳥がみられます。これまでに、約200種の鳥類が観察されており、チュウシャクシギ、ムナグロなどのシギ・チドリ類を中心に約100種の水鳥が観察されています。また、クロツラヘラサギやコアジサシなどの絶滅危惧種もやってきます。

豊富な底生生物

水鳥たちの餌ともなるカニ、貝、ゴカイの仲間など、様々な底生生物が生息しています。色鮮やかなシオマネキ類や、夏になると干潟を埋め尽くすほど多くみられるヒメヤマトオサガニ、その他、日本では漫湖でしか見つかっていないモモイロサギガイなどもいます。

おすすめ

みる

多様ないきもの

漫湖は、中国北部やシベリア、アラスカなどから日本を経由して、東南アジア、オーストラリアなどへ 渡っていく鳥たちの渡りのルート上にあるため、渡り鳥たちのエネルギー補給の中継地、越冬地として重要な役割を果たしています。

情報提供:那覇市

湿地の生物を身近に感じられる木道

漫湖水鳥・湿地センターに併設された木道からは、春から夏にかけて、繁殖期で賑わう底生生物の活発な様子が観察できます。 また、秋から冬にかけて、冬羽に衣替えした多くの渡り鳥が観察でき、季節ごとに楽しめます。

漫湖水鳥・湿地センターウェブサイト「漫湖の見どころ」

情報提供:豊見城市

食べる

湿地の恵み 漫湖のガザミ

近隣の壺川漁港でガザミ(アミメノコギリガザミ)等を購入して食べることができます。また、那覇市内の公設市場でも購入することができます。

壺川漁港(goo地図) 第一牧志公設市場

情報提供:那覇市・豊見城市

遊ぶ

ミニミニ水族館

漫湖水鳥・湿地センターでは、汽水域の魚を展示しています。ご興味がある方は、ぜひ、漫湖水鳥・湿地センターまでおこしください。

漫湖水鳥・湿地センター

情報提供:那覇市

夏休みの人気企画「漫湖自然学校」

湿地の生物が豊富な漫湖の自然に触れ親しんでもらおうと、毎年夏休みに「漫湖でやる自由研究」を合言葉に、 「漫湖自然学校」を開催しています。今では、受付開始してすぐに予約でいっぱいになるほどの大人気のイベントです。

漫湖水鳥・湿地センターウェブサイト「イベント情報」

情報提供:豊見城市

施設情報

009-3(豊見城市).jpg

009-2(豊見城市).jpg

009-1(那覇市).jpg

施設名:漫湖水鳥・湿地センター

URL:http://www.manko-mizudori.net/

関係市町村(会員市町村)

※50音順

豊見城市市民部生活環境課

http://www.city.tomigusuku.okinawa.jp/

那覇市環境部環境保全課

http://www.city.naha.okinawa.jp/

関連サイト

ラムサール条約に登録されている湿地及びその他の湿地の適正な管理に関し、 関係市町村間の情報交換及び協力を推進することによって、地域レベルの湿地保全活動を促進することを目的としています。
このホームページでは、会員市町村の最新情報、日本国内の条約湿地の概要、ラムサール条約に関する情報を発信しています 。

ラムサール条約登録湿地関係市町村会議