HOME湿地を探す>宮島

 

宮島みやじま

「神の島」に生息する希少種ミヤジマトンボと生息環境の保全と利用

英語名 Miyajima
登録日 2012年7月3日
面 積 142 ha
湿地のタイプ 砂浜海岸、塩性湿地、河川
所在地 広島県廿日市市
座 標 北緯34度14分、東経132度17分
標 高 0~80 m
国際登録基準 2、9
保護の制度 瀬戸内海国立公園特別地域、特別史跡・特別名勝

湿地の概要

宮島(厳島)は、瀬戸内海の沿岸、広島湾の北西部に位置し、長さ約10.5 km、幅約3.5 km、面積約30.2 km²のほぼ長方形の島であり、その中の宮島南西部の沿岸域が2012年にラムサール条約に湿地登録されました。
その沿岸には、山間からの湧出水と大潮時に流入する海水とが混じる潮汐湿地が形成されており、海水の影響を大きく受ける砂浜にはハマゴウ等の海浜植物が、塩分濃度の低い内陸部にはヒトモトススキの優占する湿地草地が見られます。また、湿地の沖合では宮島の栄養分豊かな山水を受けた「カキの養殖」が盛んに行われています。

湿地の四季

※写真をクリックすると大きくして見る事ができます。

  • 多宝塔と桜と瀬戸内海

  • 嚴島神社最大の祭典「管絃祭」

  • 紅葉谷川と紅葉橋

  • 冬の風物詩 かきの水揚げ

湿地の特徴

瀬戸内の豊かな漁場

大野瀬戸と呼ばれる本土と宮島の間の海域では、質の良いアナゴが獲れます。本土側、宮島からも川から海へ栄養が流れ込むため、昭和初期頃から牡蠣の養殖が盛んになりました。春の干潟では、貝(主にあさり)堀りもすることができます。

神をいつまつる島

宮島の正式名称「厳島」の語源という説もある言葉。島全体が神と崇められ、社寺林のように大切に扱われてきました。また、稲作農業がほとんど行われなかったため、瀬戸内海に存在する本来の植生を保つことができ、人間の影響をあまり受けない状態の自然が残った宮島は、とても貴重な場所です。

紅葉谷 もみじだには新緑も美しい

弥山山麓に位置する紅葉谷公園には、植栽されたイロハカエデなど約700本のカエデ類が生息しています。島全体では約1,200本のカエデ類があり、例年11月中旬から下旬にかけて紅葉の見頃を迎えます。紅葉谷川にかかる紅葉橋付近の紅葉谷公園は景勝地として有名だが、春の新緑の紅葉もまた美しい。

おすすめ

みる

世界遺産(文化遺産)の嚴島神社

創建は推古天皇御即位の年(593)佐伯鞍職によるものと伝えられ、その後の仁安3年(1168)平清盛によって現在のような社殿に造営された。 寝殿造りの建築美を誇る社殿は、平安時代のロマンを感じさせる。

嚴島神社

情報提供:廿日市市

食べる

宮島名物「あなご飯」

大野瀬戸で獲れる「あなご」は、風味もやわらかさも格別。あなごの出汁で炊いたご飯の上に、 甘辛いたれをかけた焼きあなごをのせた「あなご飯」は、牡蠣やあさりとならぶ宮島の味覚。

(一社)宮島観光協会

情報提供:廿日市市

遊ぶ

包ヶ浦自然公園で美しい自然を楽しむ

キャンプ場、運動公園、海水浴場、ケビン等を有する総面積15.6 haの自然公園。海と森に囲まれた環境で、四季折々の宮島を楽しめます。

包ヶ浦自然公園

情報提供:廿日市市

パンフレット

施設情報

009-1宮島.jpeg

施設名:宮島水族館(みやじマリン)

URL:http://www.miyajima-aqua.jp

009-2宮島.jpeg

施設名:宮島歴史民俗資料館

URL:http://members.fch.ne.jp/miyajima-rekimin/sp/facilities.html

関係市町村(会員市町村)

※50音順

廿日市市環境産業部環境政策課

https://www.city.hatsukaichi.hiroshima.jp

関連サイト

ラムサール条約に登録されている湿地及びその他の湿地の適正な管理に関し、 関係市町村間の情報交換及び協力を推進することによって、地域レベルの湿地保全活動を促進することを目的としています。
このホームページでは、会員市町村の最新情報、日本国内の条約湿地の概要、ラムサール条約に関する情報を発信しています 。

ラムサール条約登録湿地関係市町村会議