HOME湿地を探す>中海

 

中海なかうみ

水鳥の楽園の汽水湖・西日本有数のコハクチョウの集団渡来地

英語名 Nakaumi
登録日 2005年11月8日
面 積 8,043 ha
湿地のタイプ 汽水湖
所在地 鳥取県米子市・境港市、島根県松江市・安来市
座 標 北緯35度32分、東経133度09分
標 高 0 m
国際登録基準 5、6
保護の制度 国指定中海鳥獣保護区中海特別保護地区

湿地の概要

中海は、島根県東部と鳥取県西部の間にある天然湖で、境水道を介して日本海につながっているため塩分濃度が海水の1/2程度ある汽水湖です。広さは約8,620 haで、国内5番目の面積を有し、水深は平均5.4 m最深部で8. 4 mです。その一部(8,043 ha)がラムサール条約に登録されています。
汽水という特殊な環境により淡水性および海水性の両方の動植物が生息しています。漁業資源としては、中海十珍+1(マハゼ・サヨリ・スズキ・エノハ(ヒイラギ)・アオテガニ・ウナギ・マガキ・オダエビ・モロゲエビ・カワコ+サルボウ)などがあげられます。過去の淡水化事業によって中海の漁獲量は減少したものの、2002年の事業中止決定による堤防の撤去や市民団体の自然環境の改善活動などにより漁獲量の増加が期待されています。

湿地の四季

※写真をクリックすると大きくして見る事ができます。

  • 中海を飛び立つ水陸両用機

湿地の特徴

毎年約75,000羽のガン・カモがくる!

汽水という特殊な環境を受けて多くの魚介類や水草が生息・生育するとともに、毎年75,000羽のガン・カモ類が渡来し、日本で最大級の渡り鳥の渡来地となっています。特にコハクチョウは宍道湖とともに我が国の集団渡来地の南限です。

宍道湖・中海を一斉清掃!

ラムサール条約登録の翌年から、鳥取・島根両県・沿岸自治体、住民の参加により、宍道湖・中海沿岸の一斉清掃を環境月間である6月の第2日曜日に実施しています。

おすすめ

みる

中海を巡るクルーズ船

中海を巡る観光客向けのクルーズ船が運航しています。日本ジオパークにも認定された中海にある溶岩洞窟や火山の噴火口跡などを巡ることができます。

WLD公式HP

情報提供:松江市

食べる

中海に浮かぶ大根島の恵み

中海に浮かぶ大根島は、江戸時代より牡丹と雲州人参の栽培が盛んに行われてきました。 また米や野菜の栽培には、湧水を使っており、品質が高い農産物が生産されています。

大根島産直市Facebookページ

情報提供:松江市

遊ぶ

水陸両用機でまつえ空旅

「水陸両用機」は、日本ジオパークの「島根半島・宍道湖中海ジオパーク」の大地や、 国宝松江城を中心とした城下町を空から眺める遊覧飛行のほか、中海への離着水といった体験を楽しむことができます。

松江市公式HP

情報提供:松江市

パンフレット

施設情報

関係市町村(会員市町村)

※50音順

松江市政策部地域振興課

https://www.city.matsue.shimane.jp/

ラムサール条約に登録されている湿地及びその他の湿地の適正な管理に関し、 関係市町村間の情報交換及び協力を推進することによって、地域レベルの湿地保全活動を促進することを目的としています。
このホームページでは、会員市町村の最新情報、日本国内の条約湿地の概要、ラムサール条約に関する情報を発信しています 。

ラムサール条約登録湿地関係市町村会議