HOME湿地を探す>谷津干潟

 

谷津干潟やつひがた

都会のオアシス、谷津干潟

英語名 Yatsu-higata
登録日 1993年6月10日
面 積 40 ha
湿地のタイプ 干潟
所在地 千葉県習志野市
座 標 北緯35度40分、東経140度00分
標 高 0 m
国際登録基準 3
保護の制度 国指定谷津鳥獣保護区谷津特別保護地区

湿地の概要

谷津干潟は、東京湾の海岸線から約2 km内陸に位置する、面積40 haの砂泥質干潟です。四方をコンクリートの壁に囲まれたプールのような干潟で、東と西の2本の水路でかろうじて東京湾とつながっています。
干満によって潮の出入りがあり、満潮時には水深約1 mの海水面となります。
渡り鳥にとっては重要な中継地で、日本にくるシギ・チドリ類の10%が観察されます。
東京都心から30分ほどの近さにある住宅地区にあり、マンションや学校、高速道路などに囲まれ、都市に残された貴重な自然環境として親しまれている場所です。

湿地の四季

※写真をクリックすると大きくして見る事ができます。

  • 春:南の国からやシギチドリが飛来

  • 夏:干潟の生きもの観察会

  • 秋:谷津干潟の夕日

  • 冬:越冬するハマシギ

湿地の特徴

渡り鳥の重要な中継地

シギ・チドリ類が多く飛来することで知られており、毎年約100種類が確認されています。種数が多いのは、春(4月上旬~5月中旬)と秋(7月下旬~10月初旬)のシギやチドリです。個体数が多いのは、カモ類やユリカモメ、ハマシギなどが多い冬の時期(11月~3月)です。

都市に残された干潟

かつて東京湾一帯には、日本でも有数の広大な干潟が広がっていましたが、江戸から東京への近代化の過程で次々と埋め立てられ、工業用地、住宅地、道路などへと変貌してきました。そうした開発の歴史のなかで、地元の熱心な保護活動によって残されました。

湿地環境教育

習志野市の施設である谷津干潟自然観察センターでは、市内の小学校と連携し、干潟を軸とした様々な環境教育プログラムを実施しています。また、オーストラリア・クイーンズランド州のブーンドル湿地と湿地提携を結び、市民が交流活動を行っています

おすすめ

みる

自然とのふれあいが楽しめる

谷津干潟公園は、野鳥の観察が行える観賞観察ゾーン、干潟の生物などが観察できる干潟観察ゾーン、 豊かな緑の中でレクリエーションが楽しめるセンターゾーンがあります。

谷津干潟公園(習志野市)

情報提供:習志野市

遊ぶ

身近な自然に親しみ、遊んで学ぶ

谷津干潟自然観察センターでは、館内から谷津干潟が一望でき、 備え付けの望遠鏡で観察を楽しめます。レンジャーが常駐し、自然や水鳥の観察を案内します。 年間を通じて様々な自然体験プログラムなどのイベントを行っています。

谷津干潟自然観察センター イベント情報

情報提供:習志野市

施設情報

306_009.JPG

施設名:谷津干潟自然観察センター

URL:http://www.seibu-la.co.jp/yatsuhigata/

関係市町村(会員市町村)

※50音順

習志野市環境政策課

http://www.city.narashino.lg.jp

ラムサール条約に登録されている湿地及びその他の湿地の適正な管理に関し、 関係市町村間の情報交換及び協力を推進することによって、地域レベルの湿地保全活動を促進することを目的としています。
このホームページでは、会員市町村の最新情報、日本国内の条約湿地の概要、ラムサール条約に関する情報を発信しています 。

ラムサール条約登録湿地関係市町村会議