HOME湿地を探す>佐潟

 

佐潟さかた

里潟として人々に守られてきた淡水湖。コハクチョウの越冬地

英語名 Sakata
登録日 1996年3月23日
面 積 76 ha
湿地のタイプ 淡水湖
所在地 新潟県新潟市
座 標 北緯37度49分、東経138度53分
標 高 5 m
国際登録基準 3、5、6
保護の制度 国指定佐潟鳥獣保護区、佐渡弥彦米山国定公園特別地域

湿地の概要

佐潟(さかた)は、新潟市西区赤塚に位置し、上潟と下潟と周辺の低湿地からなる、面積76 haの湿地です。上潟と下潟を合わせた面積は、43.6 ha、標高5 m、平均水深は1 m程度と浅く、湖底は船底型をしています。外部から流入する河川はなく、その水は、周辺砂丘地からの湧水や雨水によって供給されています。
夏の湖面にはハスやヒシが広がり、冬はコハクチョウやヒシクイをはじめとした水鳥が多数越冬します。地域住民は里潟として昔から佐潟と密接に関わってきました。かつては、下流域の水田の灌漑用水源として利用してきたほか、ハスや魚類等潟の産物は今でも重要な恵みとなっています。

湿地の四季

※写真をクリックすると大きくして見る事ができます。

  • 佐潟桜まつり

  • 佐潟まつり

  • 潟普請

  • 引き網漁

湿地の特徴

国内有数のコハクチョウの越冬地

冬でも全面結氷しない佐潟では、コハクチョウをはじめ、ヒシクイやカモ類が多数越冬します。中でも、毎年4,000羽以上越冬するコハクチョウは、早朝に周辺の田んぼへ飛び立ち、夕方いっせいにねぐらとなる佐潟に戻ってきます。

地域住民参加型保全活動「潟普請」

かつて佐潟の水は灌漑用水として積極的に利用され、地元住民総出で「潟普請」と呼ばれる潟の大掃除が行われていました。現在では、地元中学生も参加し、現代版「潟普請」として復活し、ドロ上げやヨシ刈りなどの活動を地域住民が行っています。

周辺に広がる日本有数の砂丘

佐潟は、越後平野を形成し全長76 kmにも及ぶ新潟砂丘の南端に位置します。周辺の砂丘地はほぼ全域が農地となっており、標高が50 mを超える「見晴らしの丘展望台」は素晴らしいパノラマを展望することができます。周辺の砂丘地を散策するコースも設定されています。

おすすめ

みる

砂丘地から眺める佐潟

見晴らしの丘展望台。新潟砂丘の最高所の一つ。日本海側には佐渡島から粟島、陸側には飯豊連峰をはじめとする山々を背景に、越後平野を一望できます。

新潟砂丘遊々会

情報提供:新潟市

食べる

鯉汁

毎年3月に開催される「佐潟鯉まつり」では、佐潟で獲れた鯉の鯉汁を味わえます。また引き網漁の見学や、鯉、鮒の販売も行われます。

情報提供:新潟市

遊ぶ

潟舟体験

4月から10月にかけて不定期で運航。船頭のガイドで湖上体験が楽しめます。

情報提供:新潟市

佐潟を知ろう!

佐潟水鳥・湿地センターでは、年間を通じて観察会やイベントなどを開催しています。

佐潟水鳥・湿地センター(025-264-3050)

https://www.city.niigata.lg.jp/nishi/shisetsu/yoka/sakatashicchi.html

情報提供:新潟市

施設情報

佐潟_009.JPG

施設名:佐潟水鳥・湿地センター

URL:https://www.city.niigata.lg.jp/nishi/shisetsu/yoka/sakatashicchi.html

関係市町村(会員市町村)

※50音順

新潟市環境部環境政策課

https://www.city.niigata.lg.jp

ラムサール条約に登録されている湿地及びその他の湿地の適正な管理に関し、 関係市町村間の情報交換及び協力を推進することによって、地域レベルの湿地保全活動を促進することを目的としています。
このホームページでは、会員市町村の最新情報、日本国内の条約湿地の概要、ラムサール条約に関する情報を発信しています 。

ラムサール条約登録湿地関係市町村会議