HOME湿地を探す>奥日光の湿原

 

奥日光の湿原おくにっこうのしつげん

世界文化遺産「日光の社寺」の奥座敷に広がる、日本有数の高層湿原

英語名 Oku-Nikko-shitsugen
登録日 2005年11月8日
面 積 260.41 ha
湿地のタイプ 高層湿原、中間湿原、淡水湖
所在地 栃木県日光市
座 標 北緯36度47分、東経139度26分
標 高 湯ノ湖1,475 m、戦場ヶ原1,400 m、小田代原1,410 m
国際登録基準 1
保護の制度 日光国立公園特別保護地区及び特別地域

湿地の概要

奥日光の湿原は、東京から北へ120 km、栃木県北西部の男体山や白根山など2,000 m級の山に囲まれた、日光国立公園の一角にあります。条約湿地区域は、火山の噴火で堰き止められてできた“湯ノ湖”、そこから流れ出す“湯川”、そして“戦場ヶ原”と“小田代原”のふたつの湿原で構成されています。
湯ノ湖は集水域に人工物がなく、きわめて自然度の高い淡水湖です。北岸には湯量の豊富な温泉が噴出し、ホテルが建ち並んでいます。南側の湯川の流出口には、アズマシャクナゲ群落とともに美しい景観で知られる湯滝があります。

湿地の四季

※写真をクリックすると大きくして見る事ができます。

  • 湯滝

  • 小田代原

  • 湯ノ湖

  • 温泉湧出のため水鳥が飛来

湿地の特徴

本州最大の高層湿原

戦場ヶ原は本州で最大の高層湿原です。ワタスゲ、レンゲツツジ、ホザキシモツケ等の100種類以上の湿原性植物の生育が確認されています。木道も整備されており、広大な湿原の中を歩くことができます。

おすすめ

みる

奥日光の花々

滝や湿原など奥日光の特徴的な地形を背景に、様々な花を楽しむことができます。 ユモトマムシグサなど、地名にちなんだ名前が付けられた植物が多くあります。

日光湯元ビジターセンター

情報提供:日光市

遊ぶ

自然体験イベント

奥日光では年間を通して様々な自然体験イベントがあります。冬にはスノーシューでの雪上ハイキング体験なども行っています。

栃木県立日光自然博物館

情報提供:日光市

施設情報

奥日光の湿原_009.jpg

施設名:日光湯元ビジターセンター

URL:http://nikkoyumoto-vc.com/

奥日光の湿原_010.jpg

施設名:栃木県立日光自然博物館

URL:https://www.nikko-nsm.co.jp/nnm.html

奥日光の湿原_011.jpg

施設名:戦場ヶ原展望台

URL:https://www.tochigiji.or.jp/spot/7635/

関係市町村(会員市町村)

※50音順

日光市市民環境部環境課

http://www.city.nikko.lg.jp

関連サイト

※湯滝・小田代原の写真は「日光水のある風景百選」掲載作品、湯ノ湖の写真は「奥日光清流清湖フォトコンテスト2017」受賞作品です。


ラムサール条約登録湿地 奥日光の湿原(市公式サイト)

ラムサール条約に登録されている湿地及びその他の湿地の適正な管理に関し、 関係市町村間の情報交換及び協力を推進することによって、地域レベルの湿地保全活動を促進することを目的としています。
このホームページでは、会員市町村の最新情報、日本国内の条約湿地の概要、ラムサール条約に関する情報を発信しています 。

ラムサール条約登録湿地関係市町村会議