HOME湿地を探す>瓢湖

 

瓢湖ひょうこ

江戸時代につくられた灌漑用水池で、地元住民が守ってきた「白鳥の湖」

英語名 Hyo-ko
登録日 2008年10月30日
面 積 24 ha
湿地のタイプ 貯水池、ため池
所在地 新潟県阿賀野市
座 標 北緯37度50分、東経139度14分
標 高 8.6 m
国際登録基準 6
保護の制度 国指定瓢湖鳥獣保護区瓢湖特別保護地区

湿地の概要

瓢湖は新潟市から約20 ㎞の阿賀野市に位置し、江戸時代の初め1639年につくられた灌漑用のため池で、当時は瓢箪の形をしていました。
現在は新たに造成された東新池、さくら池、あやめ池を含め4つの池からなり、水深は平均0.7 mと浅く、周辺の川から取水していますが、ほとんど流れのない静水池です。
瓢湖は江戸時代から殺生禁制の池で、明治以降も慣例的に狩猟を禁じてきたため、水鳥の楽園となりました。特にハクチョウは、1954年に初めて給餌に成功し、「白鳥の湖」として瓢湖の名を全国に広め、野鳥保護活動に大きな影響を与えました。

湿地の四季

※写真をクリックすると大きくして見る事ができます。

  • 満開の桜に包まれる湖岸

  • ハスの花が咲き誇る湖面

  • 白鳥おじさんと紅葉した湖畔の並木

  • 優雅に飛び立つ白鳥たち

湿地の特徴

国内有数のハクチョウの越冬地

毎年、コハクチョウなどハクチョウ類約6,000羽、オナガガモ、マガモ、コガモ、ホシハジロなどガンカモ類3万羽以上が渡来し、採餌の場やねぐらとしています。これまで、13目31科107種の野鳥が確認されています。

四季折々の表情 瓢湖を彩る花々

ハクチョウが渡来する秋から冬だけでなく、春には湖岸を埋め尽くす満開の桜が、夏には湖面一面に広がる可憐なハスの花が、来訪者を魅了します。また、湖に隣接するあやめ園では、毎年6月に色とりどりのアヤメの花を見ることができます。

住民参加による保全活動

「白鳥おじさん」による人口給餌のほか、地域の愛護団体である「瓢湖の白鳥を守る会」や、地元小学校による白鳥パトロール隊など、住民参加の保全活動が盛んです。その成果もあり、ハクチョウなどの水鳥の様子を間近で観察することができます。

おすすめ

みる

水原代官所

延享3年(1746年)、現在の阿賀野市が新発田藩領から江戸幕府の直接支配する天領へと変わりました。それによって、もともと水原城があった跡地に代官所が設けられました。この施設は、残された資料に基づいて忠実に再現されています。

情報提供:阿賀野市

食べる

地元食材を使った特産加工品

阿賀野市は稲作を中心とした農業が盛んであり、地元産酒米を醸造した日本酒や、大豆を加工した豆腐・醤油などを味わうことができます。

また、阿賀野市は「県内酪農業発祥の地」として知られ、生乳を加工したジェラートやヨーグルトなどの乳製品も堪能することができます。

情報提供:阿賀野市

地元食材を使った特産加工品

阿賀野市は稲作を中心とした農業が盛んであり、地元産酒米を醸造した日本酒や、大豆を加工した豆腐・醤油などを味わうことができます。

また、阿賀野市は「県内酪農業発祥の地」として知られ、生乳を加工したジェラートやヨーグルトなどの乳製品も堪能することができます。

情報提供:阿賀野市

遊ぶ

五頭連峰 登山&トレッキング

五頭連峰は、阿賀野市、阿賀町の境界にまたがり、北から松平山(953.9 m)、五頭山(912.5 m)、菱ヶ岳(973.5 m)と続き、最後に宝珠山(559 m)から阿賀野川に切れ落ちる山塊です。

周辺には、温泉、キャンプ場、ゴルフ場、釣り堀などの施設が充実し、遊歩道や登山道も整備されています。

情報提供:阿賀野市

パンフレット

施設情報

瓢湖 施設_011.JPG

施設名:白鳥の里(瓢湖すいきん公園)

関係市町村(会員市町村)

※50音順

産業建設部公園管理事務所

http://www.city.agano.niigata.jp

関連サイト

ラムサール条約に登録されている湿地及びその他の湿地の適正な管理に関し、 関係市町村間の情報交換及び協力を推進することによって、地域レベルの湿地保全活動を促進することを目的としています。
このホームページでは、会員市町村の最新情報、日本国内の条約湿地の概要、ラムサール条約に関する情報を発信しています 。

ラムサール条約登録湿地関係市町村会議