HOME湿地を探す>伊豆沼・内沼

 

伊豆沼・内沼いずぬま・うちぬま

英語名 Izu-numa and Uchi-numa
登録日 1985年9月13日
面 積 559 ha
湿地のタイプ 淡水湖
所在地 宮城県栗原市・登米市
座 標 北緯38度43分、東経141度06分
標 高 6 m
国際登録基準 2、3
保護の制度 国指定伊豆沼鳥獣保護区伊豆沼特別保護地区

湿地の概要

伊豆沼・内沼は宮城県北部に位置し、栗原市と登米市にまたがる淡水湖(自然湖沼)です。湖沼面積は伊豆沼369 ha、内沼122 haで、水深は1 m前後と浅いのが特徴です。ここには数々の水生植物が群生しており、水鳥や魚類の生息に適した環境となっています。
夏はハスやアサザなどの水生植物に彩られ、その合間をウチワヤンマやチョウトンボ、イトトンボ類が飛び交います。冬はハクチョウ類やガン・カモ類などの渡り鳥がみられます。中でももっとも数の多いマガンは、落ち籾などを主食としているため、周囲を水田に囲まれた伊豆沼・内沼は良好な越冬地になっています。
さらに、伊豆沼・内沼の自然は観光や環境教育の場としても利用されています。

湿地の四季

※写真をクリックすると大きくして見る事ができます。

  • 春の伊豆沼

  • 湖面に咲くハス(はすまつり)

  • マガンの飛び立ち

  • 冬の伊豆沼

湿地の特徴

国内最大級の水鳥の越冬地

マガンとオオハクチョウをはじめとする水鳥類の国内最大級の越冬地で、中でもマガンは10万羽あまりが越冬します。
真冬でも凍結し難い沼が天敵を近づけず、周囲の水田の落ち籾やハス群落のレンコンを採食する渡り鳥にとって良好な越冬地になっています。日の出とともに一斉に飛び立つ数千羽以上のマガンの羽音は、その迫力から「日本の音風景100選」にも選ばれています。

1,500 種を超える多様な生き物たち

昆虫類は数百種が知られ、オオセスジイトトンボなどの希少な水生昆虫が見られます。水底にはカラスガイなどの底生生物、淡水魚類はタナゴ、ギバチなど約40種みられ、中でも東日本固有の希少種であるゼニタナゴの最大の生息地となっています。また、湖内には国内最大級のハス群落が広がり、アサザやガガブタといった希少な植物の群落も分布しています。

環境教育の場

沼ではオオクチバスの駆除活動が4月下旬から6月末に行われ、県内外から多くのボランティアが参加します。駆除活動の結果、オオクチバスの捕食によって減少していた淡水魚の数が増加しつつあり、この活動は環境省のオオクチバス駆除活動モデル事業の一つに指定され、中高生や大人の体験学習の場になっています。

おすすめ

みる

朝のマガンの飛び立ち

朝日に舞う鳥の群れを見に、各地から野鳥愛好家や写真家が訪れ、数万羽以上のマガンが一斉に飛び立つ時の羽音は、その迫力から「日本の音風景100選」にも選ばれています。

情報提供:登米市

食べる

えび餅

ゆでた沼えびを白い餅に絡めた「えび餅」は、栗原の特徴的な 餅料理のひとつで、昔からお正月やお祝いの席などで食べられてきました。

栗原市観光ポータルサイト ぎゅぎゅっとくりはら

情報提供:登米市

遊ぶ

はすまつり

ハスの開花時(8月)に合わせて開催します。期間中は、小型遊覧船が運行され、湖面いっぱいに咲き乱れるハスの花の間を進んでいく眺めはまるで極楽浄土のようです。

栗原市観光ポータルサイト ぎゅぎゅっとくりはら

情報提供:登米市

サンクチュアリセンターつきだて館(昆虫館)

伊豆沼・内沼に数多く生息する昆虫の生態を、標本や映像など で紹介している施設です。世界中の蝶や甲虫の標本も展示していて、入館無料で観覧できるミュージアムです。

栗原市観光ポータルサイト ぎゅぎゅっとくりはら

情報提供:登米市

施設情報

伊豆沼・内沼_009.png

施設名:宮城県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター(野鳥館)

URL:http://izunuma.org/

009-2_伊豆沼・内沼(栗原).jpg

施設名:栗原市サンクチュアリセンターつきだて館(昆虫館)

URL:https://www.kurihara-kb.net/publics/index/275/

009-3_施設(登米).JPG

施設名:登米市伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター(淡水魚館)

URL:https://www.city.tome.miyagi.jp/kankyo/kurashi/sekatsukankyo/izunuma/sankutyuari.html

関係市町村(会員市町村)

※50音順

栗原市市民生活部環境課

https://www.kuriharacity.jp/

登米市市民生活部環境課

https://www.city.tome.miyagi.jp/

関連サイト

ラムサール条約に登録されている湿地及びその他の湿地の適正な管理に関し、 関係市町村間の情報交換及び協力を推進することによって、地域レベルの湿地保全活動を促進することを目的としています。
このホームページでは、会員市町村の最新情報、日本国内の条約湿地の概要、ラムサール条約に関する情報を発信しています 。

ラムサール条約登録湿地関係市町村会議