HOMEお知らせ>出水ツルの越冬地(鹿児島県出水市)がラムサール条約登録湿地に指定

 
 

出水ツルの越冬地(鹿児島県出水市)がラムサール条約登録湿地に指定

2021年11月18日、国内53番目となるラムサール条約登録湿地として、鹿児島県出水市の「出水ツルの越冬地(Izumi Wintering Habitat of Cranes)」が新たに指定されました。

出水平野は毎年1万羽を超えるナベヅル(Grus monacha)やマナヅル(Grus vipio)がシベリアなどから渡ってくる国内最大級の越冬地です。

「国際的に重要な湿地を特定するための9つの基準」のうち、「定期的に2万羽以上の水鳥を支える湿地」など4つの国際基準を満たしていることから、「出水ツルの越冬地」の名称で出水平野の荒崎や東干拓など478ヘクタールが登録されました。

環境省報道発表

ラムサール条約事務局のページ

この記事の筆者:ラムサール条約登録湿地関係市町村会議管理者

ラムサール条約に登録されている湿地及びその他の湿地の適正な管理に関し、 関係市町村間の情報交換及び協力を推進することによって、地域レベルの湿地保全活動を促進することを目的としています。
このホームページでは、会員市町村の最新情報、日本国内の条約湿地の概要、ラムサール条約に関する情報を発信しています 。

ラムサール条約登録湿地関係市町村会議