位 置
北緯26度22分/東経126度45分
標 高
120mから280m
面 積
255ha
湿地のタイプ
内陸湿地:河川(滝を含む)、季節的・一時的河川
保護の制度
宇江城岳キクザトサワヘビ生息地等保護区管理地区
所在地
沖縄県久米島町
登録
2008年10月
 当該湿地は、久米島の北西部に位置する宇江城岳を源流とする渓流、湿地、森林を中心とする地域である。面積は2.55kuであり、島全体(59ku)の4.3%を占める。  
  オキナワスダジイ、オキナワウラジロガシなど自然度の高い森や河畔林が発達し良好な水質の水が渓流として枯れることなく流れ、希少野生生物のキクザトサワヘビなど固有種の重要な生息地になっている。
 渓流にはキクザトサワヘビのエサのクメジマミナミサワガニやクメジマオオサワガニ、アラモトサワガニとリュウキュウアカガエルが生息し、サワガニはクメジマボタルの幼虫を捕食する。サワヘビが死ぬとサワガニが、サワガニやカエルが死ぬとホタルのエサであるカワニナが分解するなど食物連鎖でつながる。サワガニやカワニナは、落葉やドングリ、落下果実も好み、落下果実はリュウキュウヤマガメが、ドングリや果実はカラスバトが食べる。森にはクメジマカブトムシなどが生息し、陸生ホタル(3種類は島固有)のエサのクメジママイマイなどの島固有のカタツムリも多い。オキナワキノボリトカゲやクメトカゲモドキなど貴重な爬虫類が生息し、アカショウビンやフクロウ類、ワシタカ類、コウモリ類などの捕食者も多い 。
 
キクザトサワヘビ
リュウキュウヤマガメ
 「久米島の渓流・湿地」を源流とする水を利用して、名水や酒造りが行われている。久米島紬は、その森の構成員のオキナワスダジイやナカハラクロキなどの皮、オキナワサルトリイバラの塊根、シャリンバイ等を染料として利用。かつては、大雨になると山のくみじると呼ばれた湧き水があふれ、その水を田に引くと豊作となり、クメジマボタルもたくさん出現したと伝えられる。現在、田んぼは仲地や儀間、カンジンなどで行われている。久米島相撲などの伝統行事もイネの豊作と関わる大切な祭事であった。
  現在、森は水源涵養保安林に指定されており、地域住民の生活及び農業用水として重要な場所である。この水源を赤土流出や生活排水流出から守るため、久米島ホタルの会を中心に県や町、土地改良区などが協力し、新たに造成した棚田やホタル水路などの継続的維持管理を行いながら水質浄化(富栄養化防止)対策を行っている。
  また当会は、渓流や湿地、ダム、池、海へと流出した赤土や生活排水、ゴミ投棄や漂流の状況、侵略的外来種(特定外来生物)の繁殖による被害の実態などを積極的に知らせ、その改善のために、学校やホタレンジャーなどのこども達とともに、環境教育活動として長年取り組んでいる。宇江城岳はかつて按司が治めた聖域であった。現在、国指定の史跡として指定され、たくさんの観光客が訪れている。史跡の周囲の森の中では、自然散策や自然観察会が行われている。
久米島町のPR
 久米島が国際的に重要な湿地を有する島であることが認められたことで、それらに関連した自然生態学的価値と、そこから生み出された歴史的文化的価値、さらには賢明で持続可能な伝統的産業、農林水産業の自然に優しい普及・継続のために誇りを持って歩みたい。この素晴らしい自然と文化、産業を守り育て、未来の世代へと引き継ぐことが、ホタル舞う、豊かなサンゴ礁の島への再生へとつながり、その取り組みが、地球温暖化対策にも貢献し、自然的文化的世界遺産として地球上で大切な島の一つと認めてもらうための出発点と考えている。
久米島ホタル館
 
開館時間
11:00〜16:30
休館日
毎週火曜と年末年始
入館料
小・中学生:50円 高校生以上:100円
施設概要
ホタルにつながる渓流・湿地の生きものの展示と、ラムサール登録地入口の渓流探険と生きもの観察体験コースがメイン
所在地
久米島町字大田420
電話・FAX:098-896-7100
久米島ホタルの会HP http://www.kumehotarunokai.com/

久米島自然文化センター TEL 09896-7181
久米島町プロジェクト推進室 TEL 098-985-7141  
久米島ホタル館 TEL 098-896-7100                              
久米島町ホームページ http://www.town.kumejima.okinawa.jp/
 
Copyright© 2007- ラムサール条約登録湿地関係市町村会議. All rights reserved.