位 置
北緯37度49分/東経138度53分
標 高
5m
面 積
76ha
湿地のタイプ
淡水湖
保護の制度
国定公園第3種特別地域、国指定鳥獣保護区
所在地
新潟県新潟市
登録
1996年3月
 佐潟は、新潟市西区の赤塚地区に位置します。上潟(うわかた)と下潟(したかた)の大小2つの潟は43.6haあり、周辺湿地部を含めラムサール条約に登録されています。流れ込む河川はなく、雨水と湧水で涵養されています。
 
写真提供:佐潟水鳥・湿地センター
写真提供:佐潟水鳥・湿地センター
 夏の湖面はハスやヒシが広がるとともに、ミズアオイやコウホネなどの水生植物が彩ります。また、佐潟では絶滅が危惧されているオニバスやハンゲショウ、デンジソウなどがみられますが、デンジソウは野生絶滅(新潟県RDB・新潟市RDB)となってしまいました。        
  佐潟は、鳥類相が比較的豊富で、これまでに208種の鳥類が確認されています。冬期は水禽類が多数越冬するのが特徴です。特に、コハクチョウの越冬数は全国有数で、毎年2,000〜3,000羽の白鳥が佐潟で越冬しています。
 
写真提供:佐潟水鳥・湿地センター
写真提供:佐潟水鳥・湿地センター
  佐潟の湖水は、昔は水田の灌漑用水として利用され、地元住民によって潟普請(かたぶしん)といわれる潟の管理が行われていました。現在は、用水としての利用はなくなりましたが、内水面漁業が行われているため、地域住民と密着した管理が行われています。最近は、潟普請の再現として、地域の住民による底泥のドロ揚げやヨシ刈り、クリーンアップ活動などが行われています。地域の小中学校をはじめとして、多くの学校が総合的な学習の時間の活動フィールドに利用し、湿地の保全とワイズユースについて学習しています。
  また、佐潟水鳥・湿地センターを拠点として、第2・4土曜日には、ボランティア解説員によって、佐潟自然散歩(3〜10月)や佐潟探鳥散歩(11〜2月)などの自然解説を行い、来訪者に植物や野鳥に親しみをもってもらえるよう活動を行っています。こうした活動は、佐潟の自然環境の解説にとどまらず、潟にまつわる歴史や文化を解説する機会も増えてきました。
  夏に行われる地域の祭り(赤塚祭り)では、佐潟を会場に行われ、湖面に燈籠を置き、祭りに彩りを添えています。
写真提供:佐潟水鳥・湿地センター
新潟市のPR
 日本一の大河,信濃川が日本海に流れ込み,北前船の寄港地として古くから栄え,開港5港の1つであった港町・新潟。日本一の水田地帯と約81万人の人口を有する本州日本海側最大の都市です。               
  新潟といえば,お米。コシヒカリ…と連想してしまいますが,野菜や果物,新鮮な魚介類…新潟には色々おいしいものが揃っています。おいしい素材を活かした「のっぺ」や「わっぱ飯」などの素朴な伝統料理もかかせません。
佐潟水鳥・湿地センター
 
開館時間
9:00〜16:30
休館日
月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日休館)、年末年始
入館料
無料
施設概要
水鳥類や湿地の保全についての普及啓発、調査研究及びモニタリング等を行う拠点施設として開設されました。館内から、フィールドスコープで潟を観察することができます。
所在地
新潟市西区赤塚5404番地1
TEL 025-264-3050

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 新潟市環境部環境政策課
TEL 025-226-1359
新潟市HP http://www.city.niigata.lg.jp/
佐潟 HP http://www.city.niigata.lg.jp/kurashi/kankyo/shizenfureai/sakata/index.html

 
Copyright© 2007- ラムサール条約登録湿地関係市町村会議. All rights reserved.